NPO法人遺族支え愛ネット

 
ホーム 概要 活動紹介 エンディングノート 入会案内・お問い合せ
活動紹介

 サポート活動
 社会貢献
 会員向け活動
 「もしもの時」を考える
 印刷物の発行
悲嘆(グリーフ)緩和サポート活動
 
ささえあい暖話室  毎月第1土曜日13:00〜 大阪府立ドーンセンター
 同じ体験者同士(ピアサポーター)が支える分かち合いの会を開催。
 きめ細かい支援ができるよう、悲嘆の度合いによってテーマを決め、
 3〜5人の小グループでの分かち合いを行っています。
 先輩遺族が同じ境遇にある方々のお役に立て、「これからの人生を活き活きと!」の
 実践の場にもなっています。

ご協力頂いている方

 坂口幸弘さん  関西学院大学 人間福祉学部教授
 黒川雅代子さん  龍谷大学短期大学部准教授
 

【参加者の声】
「悲しさ・寂しさ・不安を同じ境遇の方と
話し合う事で楽になりました。
今後の参加が楽しみです。」
「時間を切っての会話は脳に刺激を与えました。」
「マンツーマンは良かった。
よく自分の思いが話せて気持ちが軽く、心が和みました。」
「封印している故人への思いが、
ここでは話せると感じ、なるべく出席したい。」
「共感の中から少しずつ悲嘆を整理できるような気がした。
こんな場があることは、本当に大切です。 」


暖話室イメージ

【遺族からのお手紙】
『一度でいいから逢いたいよ』 こちらから
社会貢献
 
体験を語る活動
 大学の授業、病院関係者の勉強会や研修会、学生との交流会、メディアとの共催の場、
 等へ体験談の講師を派遣しています。
 
企業・団体との共催講演会やシンポジウム活動
 
エンディングノート「バトンタッチ」の制作及び出張「書き方講座・講演」を行う  
 社会福祉協議会・地域老人会・企業・個人等各地で開催しています。  
 
会員向けライフサポート活動
 
 新しいおひとりさま幸齢者(こうれいしゃ)を目指して
 健康・交流・学習を目的に、仲間づくりと生き甲斐づくりを
 目指しています。

 *ひだまりサロン・・・講演会・音楽会・分かち合いの提供
  (3ヶ月に1度の定例会)
 *地域サロン活動・・・各地域3ヶ月に1度
  (千里・枚方・大阪・奈良)
 *社会見学・バス旅行・食事会・・・随時実施
 *講座・研修会・勉強会・・・随時
 *見守り合う制度・・・電話・葉書による「お元気ですか?」
               声掛け訪問
 *各種自主的クラブ活動の支援・・・
      北浜寺子屋・お調べ隊・やそじサロン・七日会
      いい汗かこう!!卓球くらぶ・難波カラオケ♪♪
      ゆる〜り健康ボウリング・囲碁とおしゃべりの会
      ♪♪奈良カラオケ倶楽部♪♪・哲学カフェ
      いちご(15)サロン・健康麻雀・梅田歌声さろん
      音楽を楽しむ会




ひだまりサロン
 
人生の最終章
 
人生の最終章
 配偶者との死別後は、一人暮らしが当たり前のような時代。
 老後を安心して過ごすには、元気な今、どんな準備が必要だろうか。
 人生の最終章の分科会では、勉強会や見学会などを開催する事で、
 「老い」や遠い存在だった「死」に正面から向き合い、一度しかない「今」を大切に生きる
 ための活動を行っています。
 
 *身辺整理
 *老人施設入居者の体験談を聴く
 *延命治療と認知症を考える
 *自筆遺言の書き方講座
 *笑顔写真撮影会
 *自分の葬儀を考える
 *写真供養

印刷物の発行
 
 会員向け(2ヶ月に1度)で支え愛ネットの情報を
 発行しています。

 *会員向け・・・「ささえあい便り」地域さろんのお知らせ
 *販売・・・エンディングノート「バトンタッチ」
 *手記集・・・「今を生きる 大切なひとの分まで」

           本文イメージ(PDF)1ページ ・ 2ページ
出版物イメージ
 


Copyright(C)2013 IZOKUSASAEAINET All Right Reserved. NPO法人 遺族支え愛ネット
〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋橋ビル5階 TEL&FAX:06-6282-7489